平成30年秋、冬の勉強会の御案内

平成30年秋、冬の勉強会は、下記の2部構成で行います。


第1部 世界に通用する「宇宙の大道」について
   第1回 9月15日(土)    テーマ「川面凡児の身体作法、ことたま作法とイメージ作法の特色」
       ――チャクラ開発との関連において
       鳥船、ミイヅ呼吸、手ぶり、気合、うおあえい、日月のイメージなどは、どのチャクラを活性化するか、実演を交えながら、説明します。宇宙の大道の道七つとは何か。
 
   第2回 10月20日(土)    テーマ「三大神勅(ことよさし)にみる民族の霊魂観、宇宙観と祭祀観」
     ヒモロキ・イハサカの伝(神籬・磐境)、 きわまりなきアメツチの伝(天壌無窮)、鏡と稲穂を斎(いつ)く伝(斎鏡・斎穂)は、ある普遍的な世界観を物語っている。ホツマツタエや量子力学をひもときながら説明します。
 
   第3回 11月24日(土)~25日(日) 11月の勉強会は、秩父方面に一泊旅行を行うことを計画しています。三峰神社等に参拝し、宿で宮崎先生の講演をお聞きします。
     テーマ「三種の神器の現代的意義について」
     昔の儒教的解釈などを批判し、玉の光(まか)を輝かせること、カガミに映すこと(光と闇をみること)、身柱立て(身体を御柱として行動すること)の意味とその活用について説明します。
     三つの器に含まれていた教えとは、なんであったのか。いま、日本人に求められているものはなにか。
 
第2部 岡本安出先生の思想と言霊
   第4回 12月22日(土)稜威会本部において、午後2時~4時
  私(江島)が若い頃に師事していた言霊研究家の岡本安出先生の思い出を含め、その言霊思想についてお話します。 (会員からリクエストがありましたので)
 
第1回目、第2回目、第4回目は、稜威会本部にて午後1時~2時拝神、2時~4時勉強会、4時~5時直会の予定です。第3回は詳細が決まり次第、またご連絡します。
会費:第1回、2回、4回は1000円です。第3回は未定(宿泊費を含め15,000円ぐらい?)
 

 申し込みはメールでお願いします。→ メール

 戻る


ページのトップへ戻る